Shizugaku サッカー 延長 何分
学園高等テニス メドベージェフ
Shizugaku サッカー 延長 何分
学園高等テニス メドベージェフ

  • 中テニス メドベージェフ
  • 高等テニス メドベージェフ

Webプッシュ通知を
導入いたしました。

サッカー 延長 何分
学園Webプッシュ通知サービス

サイトリニューアルに伴い、当校の最新情報をメールアドレスや個人情報を登録することなく、素早く安全に収集できるWebプッシュ通知機能を搭載いたしました。
対応可能な機種やブラウザなど詳細は下記リンクにてご確認ください。

詳しくはこちら詳しくはこちら

教養科学科について

サッカー 延長 何分 学園は教養科学科1科のみの高等テニス メドベージェフ です。文系・理系を問わず高い学力を身につけ、生徒一人ひとりの希望に沿った第一志望の大学への現役合格を目指します。教養科学科では、各教科の知識を正確に習得するだけでなく、課題を見つけ、自ら考えて論理的に分析し、それまでに学んできたことを統合する力を養います。普通科目に加え、教科横断型を含む「専門科目」、スウォンジーシティ 独自の「特別プログラム」などを設けることで、「問題解決能力」や「新たな知を創造する力」を養い、社会貢献への使命感と行動力を身に付け、自らの夢の実現に向けた大学進学を目指します。

教養科学科4つの「系統別コース」

生徒一人ひとりに適した進路指導の実現のために、系統別コースを採用しています。

各教科+静学独自の「専門科目」

国語・数学・英語・理科・地歴公民などの各教科を着実に習得する一方で、教科横断型の科目、文系理系の枠にとらわれない科目を用意しています。

新たな自分に出会う「特別プログラム」

SGTや語学研修など、6つのプログラムを設けています。自分と向き合い、実力を身につける多彩なプログラムにより、進路実現を支援します。

新しい大学入試で問われる「学力の3要素」

知識·技能を確実に身につけ、それらをもとに問題解決の方法を探し出す。新しい学力を身につけることが卒業後の社会での活躍につながります。

①知識・技能
何を理解し、何ができるかを示す力。学習内容が関連付けられ、本質を正確に理解することによって、社会の中で生きて働く知識となります。
②思考力・判断力・表現力
知識·技能を使い、未知の状況にも対応できる力。得た情報から必要なことがらを読み取り正しい判断をし、それを目的や意図を明確にしながら論理的に伝える力です。
③主体性・多様性・協働性
課題を見つけ能動的に取り組み、多くの人と関わる中でそれぞれの価値観の違いを受け入れながら協働し、学びを人生や社会生活に活かそうとする態度です。

 

教養科学科4つの「系統別コース」

教養科学科では、生徒全員の志望大学への現役合格を目指します。高校1年次はすべてのクラスで、学習習慣の定着と基礎力強化に重点を置いたカリキュラムを展開します。同時に難関国公立大学、国公立医歯薬系学部を希望する生徒のための「探究系」を設置。2年次以降はもう一度各自の希望と適性を考慮して系を選択し、「探究文系」「人文・社会系」「探究理系」「物性・生命系」の4系に分かれ、夢の実現を目指します。

探究系

教室での学びはもちろんのこと、生徒会や部活動、SGTなどを通じ、好奇心を高め互いに磨きあいたいという仲間が集います。2年次から文系と理系に分かれますが、文理の選択にこだわらず、5教科をバランス良く勉強します。大学進学では、国公立大学進学を第一志望に据え、原則、全員大学入学共通テスト(旧大学入試センター試験)を受験します。集団として、大学受験に対する意識が揃っているので、くじけそうになった時などは頑張る仲間の姿に励まされることも多く、受験には、最後まで諦めずに挑むことができる環境です。

カリキュラム(2024年度入学生予定)

人文・社会系/物性・生命系

多様な価値観のもとに、高い次元での文武両道・自己実現を目指し頑張る仲間が集います。授業で身につけた学力に加え、課外活動・部活動などを通じて培った総合的な成果により進学を目指します。人文・社会系は英・国・社、物性・生命系は英・理・数に比重をおいた学習を行います。大学進学では、一人ひとりの志に応じ、大学入学共通テストを利用した国公立大2次試験、私立大一般入試に加え、テニス メドベージェフ 推薦型選抜、総合型選抜など、生徒一人ひとりの持ち味を最大限に生かした受験方式で進学を目指します。英語と数学は、習熟度別に学習集団を編成し、生徒の学力に応じた授業を行い、学力増進を図ります。

カリキュラム(2024年度入学生予定)

 

各教科+静学独自の「専門科目」

各教科を着実に習得。さらに独自の専門科目(教養科学)で総合力を身につける。

サッカー 延長 何分 学園では、国語・数学・英語・理科・地歴公民などの既存の各教科を着実に習得する一方、従来の普通科目以上に幅広く、深い知識を身につけ、学際的な姿勢と国際的な視野を養うために、文系理系の枠にとらわれない学びと指導法を軸とした「専門科目」(25単位以上必修)を用意しています。各教科を横断した学際的な多面的アプローチは、大学や将来にも活用できるさまざまな力を養う一翼として注目されています。 「専門科目」の一部を以下にご紹介します。科目名称等、変更する場合があります。

グローバル・ヒストリー

[1年]教養科学科全クラス
近現代を中心に、世界の歴史を我が国の歴史と一体として理解します。現代の世界の諸問題を歴史的な視野から考察する力と、他地域の文化を理解し、協調していく態度を身につけます。

情報教養テクノロジー

[1年]教養科学科全クラス
デジタル革新をきっかけにした新たな社会の実現を迎えるにあたり、表計算やプレゼンテーション等必要となる情報発信スキルを自由に使いこなせることを目指します。試行錯誤しながら主体的に取り組む態度、他者とともに協働的に解決していく姿勢を育てるとともに、発信・伝達の仕方と情報モラルを身につけます。

国際日本

[2年]探究文系/人文・社会系
様々な国の文化、経済、歴史、風習等を学び日本を含む世界へ目をむけ、英語を読み、書き、聞き、話す等の様々な言語活動を通じて英語運用の基礎を養います。教養と英語を通じて積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を身につけます。

日本文化演習

[2年]探究理系/物性・生命系
国語と家庭科の横断科目です。国語で取り上げた題材について、家庭科で調べ学習や実習などを行うことによって、日本の文化や習慣に対する理解を深めます。1つのことがらを多角的に考えたり調べたりする経験を通して、深く学ぼうとする姿勢を身につけます。

 

Google
プレミアリーグ アプリ カジ旅 ログイン オンラインカジノルーレット オンライン かじ ノ 入金 ボーナス スピード バカラ カジノブラックジャック ビデオスロット 無料 イスマイラ・サール 成績 おん らい かじ の kajino
map