Shizugaku サッカー 延長 何分
学園高等テニス メドベージェフ
Shizugaku サッカー 延長 何分
学園高等テニス メドベージェフ

  • 中テニス メドベージェフ
  • 高等テニス メドベージェフ

Webプッシュ通知を
導入いたしました。

サッカー 延長 何分
学園Webプッシュ通知サービス

サイトリニューアルに伴い、当校の最新情報をメールアドレスや個人情報を登録することなく、素早く安全に収集できるWebプッシュ通知機能を搭載いたしました。
対応可能な機種やブラウザなど詳細は下記リンクにてご確認ください。

詳しくはこちら詳しくはこちら

コロナ期の遠隔授業の取り組み

教員の連携による素早い対応、導入決定から1週間で双方向授業を開始

新型コロナウイルスによる休校措置が取られた期間、「授業を行いたい」と全ての教員が連携し、zoom導入決定の2日後には生徒のスマホにzoomをインストール。朝夕のHRの実施を経て、1週間で遠隔授業を実現。スタートでバラつきはありましたが、最終的には常勤・非常勤、若手からベテランまで全ての教員が遠隔授業を実施しました。

 

導入の背景

1.機器を使いこなす力
平成23年に移転し新校舎になったときから、教員はiPadでの生徒の出席管理などを行ってきました。この日々の積み重ねが、遠隔授業の短期実現を可能にしました。

2.オンライン英会話での経験
大学入試において、英語はその変化が大きく、特に「聞く・リスニング」技能への評価が存在感を増してきています。サッカー 延長 何分 学園ではこれからの変化に対応するため、いち早く2018年度からオンライン英会話の導入を進めてきました。その経験を生かし、教室でのWi-Fi環境を整えてきたことが、遠隔授業のスムーズな実現に繋がりました。

3.「職員室の景色を変えた」教員の連携
zoom導入決定後、教員は自然とグループになり、遠隔授業の研究を始めました。各々の席を立ち、意見を交換する様子は、「職員室の景色を変えた」教員の連携の姿でした。

 

生徒への配慮

黒板を使った講義形式やzoomの画面共有機能を使う形式など、遠隔授業の方法は様々です。授業の進め方、zoomに慣れない生徒や、生徒の目の疲れに配慮し、1時限は30分ほどで実施しました。

 

自宅外生への対応

自宅外生は、登校してiPadを借りたり、テニス メドベージェフ のポケットWi-Fiを借りて寮で使用したりするなど、状況に合わせて遠隔授業を受けることができました。

 

遠隔授業の新たな展開

多様な学びを自由に選択できるSGT(Shizugaku Golden Time)が実施できなかった休校期間に、中学若手教員が発案し、外部団体の協力で実現したのが、様々な職業の話を全国どこからでも聞くことができる「オンライン職業講話」です。その他にも、来校できない保護者のための保護者会、個別面接会を計画。県外生の多いスウォンジーシティ では、保護者の方の負担が軽減されます。遠隔授業の整備は生徒・保護者の方の安心に繋がると考え、コロナ再流行等の万が一に備えて、より一層体制を整えていきます。

 

高校 遠隔教育期間 基本時間割表(抜粋)

 

中学 遠隔授業の告知

Google
カジノ ライブ オンラインカジノ vip オンライン casino インターネットカジノ live baccarat デニス シャポバロフ casinome オンラインカジノ 登録 勝てる ギャンブル オンライン ゲーム カジノ
map